[お偲び] 古在由秀 氏(初代国立天文台長、群馬県立ぐんま天文台 名誉台長)

古在由秀(こざい・よしひで)
命日: 2018年2月5日 18時15分
(東京都内の病院で)
年齢: 89歳
出身: 東京都
肩書: 初代国立天文台長、群馬県立ぐんま天文台 名誉台長
事由: 肝不全
喪主: 美音(みね、妻)さん
備考:葬儀は近親者で執り行われた。
1951年東京大卒。58年に渡米しスミソニアン天文台などで研究。天体力学の世界的権威で、人工衛星の軌道を割り出す「コザイの式」で世界から脚光を浴びた。ハワイのすばる望遠鏡建設にも尽力した。66年東京大教授、81年に東京天文台長。88年、同天文台から改組された国立天文台の初代台長に就任し、日本人初の国際天文学連合会長も務めた。2009年に文化功労者。
参照:
古在由秀氏が死去 初代国立天文台長
・ 古在由秀氏死去 元国立天文台長

追悼の言葉を残す