[お偲び] 平尾誠二 氏(ラグビー選手、元日本代表監督)

平尾誠二(ひらお・せいじ)
生誕: 1963年1月21日
命日: 2016年10月20日 7時16分
(京都府京都市の病院で)
年齢: 53歳
出身: 京都府京都市
肩書: ラグビー選手、元日本代表監督
事由: 病気
備考:葬儀は近親者で執り行われる。
中学時代にラグビーを始め、伏見工業高では山口良治監督のもとで主将として全国制覇。同志社大では1982年度から全国大学選手権を3連覇。同大2年時、19歳4カ月の当時史上最年少で日本代表に選ばれた。86年に神戸製鋼に入社し、司令塔役のスタンドオフやセンターで活躍した。88年度から大八木淳史や大西一平とともに新日鉄釜石に並ぶ日本選手権で7連覇を達成し、黄金期を築いた。 特に3連覇までは主将を務め、監督を置かないチームの中で、練習方法や作戦などを中心となって企画。FWとバックスが区別なくボールをつないでいくプレースタイルなど独自の「神鋼ラグビー」を作り上げた。優れた状況判断と華麗なステップワークが持ち味で「ミスター・ラグビー」とも称された。日本代表キャップは35。ラグビーワールドカップ(W杯)には87年の第1回大会から3大会連続で出場した。91年の第2回大会では主将を務め、スコットランド戦の歴史的なW杯初勝利に貢献した。97年2月に史上最年少の34歳で日本代表監督に就任し、99年のW杯でチームを率いた。1998年1月に現役引退。2007年3月から14年3月まで神戸製鋼ラグビー部の総監督。近年はゼネラルマネジャーとしてチームの強化や編成に携わっていた。日本ラグビー協会では評議員、理事などを歴任。2019年W杯日本大会組織委員会の事務総長特別補佐となり、広報活動などに尽力した。日本サッカー協会理事、中央教育審議会委員も務めた。
感謝の集い:
2017年2月10日
神戸ポートピアホテル
発起人会代表:川崎博也
(株式会社神戸製鋼所 代表取締役会長兼社長)
参照: ウィキペディア
ラグビー元日本代表の平尾誠二氏が死去 53歳
平尾誠二さん死去 53歳、ラグビー日本代表の司令塔
平尾誠二さん死去…53歳 「ミスター・ラグビー」
故平尾誠二さんしのび 2月10日「感謝の集い」
平尾誠二氏「感謝の集い」2月10日、神戸市内で

追悼の言葉があります

追悼の言葉を残す