[お偲び] 高木聖鶴 氏(書家)

高木聖鶴(たかき・せいかく)
生誕: 1923年7月12日
命日: 2017年2月24日 4時32分
(岡山県倉敷市の病院で)
年齢: 93歳
肩書: 書家
事由: 肺炎
喪主: 聖雨(せいう、本名は茂行[しげゆき]、長男、書家)さん
備考:本名は高木郁太(たかき・いくた)。葬儀は近親者で執り行われる。
かな書の大家である故内田鶴雲に師事。古典などを研究し、かなと漢字が互いの美を保ち優美で気品のある独自の書風を追究した。1982年に日展会員。95年に日本芸術院賞を受賞。2006年には文化功労者に選ばれ、13年に90歳で文化勲章を受章した。文化勲章受章の際、「まだ書が若い」と目指す「書」に向かってなお精進する姿勢を示していた。
お別れの会:
2017年4月28日 11時~
ホテルグランヴィア岡山
(岡山県岡山市北区駅元町1−5)
参照: ウィキペディア
高木聖鶴氏が死去 書家
「かな」書家・高木聖鶴さん死去 93歳
書家の高木聖鶴氏死去

追悼の言葉を残す