[お偲び] 三川泉 氏(能楽師シテ方宝生流、人間国宝)

三川泉(みかわ・いずみ)
生誕: 1922年2月1日
命日: 2016年2月13日 12時28分
(東京都新宿区の自宅で)
年齢: 94歳
出身: 東京都
肩書: 能楽師シテ方宝生流、人間国宝
備考:葬儀は近親者で施行。
宝生流の三川寿水の四男に生まれ、十七世宗家宝生九郎重英、野口兼資に師事。1929年、7歳で初舞台。39年に「車僧」で初シテを務めた。繊細精妙で品格のある芸風で、自然体の謡には定評があった。2001年の「姨捨」で幽玄の境地を体現し高い評価を受けた。2003年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。
偲ぶ会:
2016年4月10日
帝国ホテル本館「光の間」
実行委員長:宝生和英 さん
(宝生流第二十世宗家)
参照: ウィキペディア
・ 三川泉氏が死去 能楽シテ方、人間国宝
・ 能楽師の三川泉さん死去 人間国宝
・ 三川泉さん94歳=能楽師宝生流シテ方
・ 故三川泉さんを偲ぶ会、4月10日に
・ 故三川泉氏を偲ぶ会 能楽シテ方宝生流

追悼の言葉があります

追悼の言葉を残す