[お偲び] 上村雅之 氏(立命館大学映像学部 客員教授、任天堂株式会社 開発第二部 元部長)

上村雅之(うえむら・まさゆき)
命日: 2021年12月6日
年齢: 78歳
出身: 東京都
肩書: 立命館大学映像学部 客員教授、任天堂株式会社 開発第二部 元部長
備考:葬儀は近親者で施行。
千葉工業大電子工学科を卒業後、早川電機工業(現シャープ)に1967年入社。同社で電子玩具の光線銃シリーズに関わったことをきっかけに、71年に任天堂に入社。「カリスマ」と呼ばれた当時の山内溥社長から指示を受け、79年から開発第二部長に就き、開発責任者として家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」や「スーパーファミコン」を手掛けた。ファミコンは85年に米国でも発売。結果的に世界累計6191万台を販売する歴史的なヒットに。花札の製造から始まり、玩具メーカーとして国内で知名度を高めていた任天堂が世界企業に飛躍するきっかけをつくった。86年にはファミコンソフトの書き換えやセーブデータを残せる「ディスクシステム」を開発。90年発売の「スーパーファミコン」でも責任者を務めた。当時としては高性能の16ビットのCPU(中央演算処理装置)を搭載し、4910万台を販売した。2004年からは立命館大で講義をしており、同大学院先端総合学術研究科教授を歴任。11年からは、同大学ゲーム研究センターの初代センター長を務めた。16年に文化庁メディア芸術祭で「功労賞」を受賞した。
参照:
・ 上村雅之氏が死去 任天堂「ファミコン」生みの親
・ 「ファミコンの父」上村雅之さん死去 元任天堂開発第二部長
・ 上村雅之氏死去 任天堂でファミコン開発

追悼の言葉を残す