[お偲び] 上田初子 氏(いわて・きららアート協会 前会長)

上田初子(うえだ・はつこ)
命日: 2021年5月24日 12時6分
(岩手県紫波郡矢巾町の病院で)
年齢: 78歳
出身: 岩手県釜石市大町
肩書: いわて・きららアート協会 前会長
備考:葬儀は近親者で施行。
2003~19年同会会長。障害者の表現活動を支援した。
参照:
・ 上田 初子さん(うえだ・はつこ=前いわて・きららアート協会長)

6つの追悼の言葉があります

  1. 詩的魂と優しさ、笑顔と明晰さ、御洞察・教養の深さ、リズムある青春感、知的障害者への眼差しの深さと温かさにあふれる方でした。長年大変、お世話になりました。
    申し上げるのが大変遅くなり申し訳ございません。
    在りし日のお姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


    種倉紀昭
  2. 私が29年前に産まれて早29歳そろそろ30代に突入します!初子先生とは私から見て人生経験も長く憧れの人でもありピアノのもうまくパフォ-マンスもうまくプロ並みです初子先生は私の良きお母さんみたいな大きな人でもあり赤ちゃんの時も良くしてくれて感謝もしていますありがとうの言葉しかありません天国で南美を見守ってくださいね


    菅原南美
  3. 陽姫と華奈と賢も大きくなり23歳27歳17歳になったよ?初子先生は安心して安らかに眠ってくださいね?初子先生は私たちのことを暖かく見守ってくださりありがとうの言葉しかありません天国でもお元気で初子先生の分まで生きますから約束ね


    三人兄弟
  4. 2022年4月、一年前、貴女が永眠した岩手医大に、私も救急️搬送され、ベッドに横たわって病と闘っている。必ず元気に退院して貴女の意志を引き継ぎ、奥中山、北の風 の陶芸教室を、やり続ける。岩手の風になって、私を見守って下さい。 合掌


    愚黒窯 黒崎 徹
  5. 被災地へアート活動のボランティアに向かう途中、おびただしい数の警察官や自衛隊の方々を見て、それだけ大変な場所に向かうのだと重い気持ちになりました。

    そんな中、20台以上のパトカーに挟まれ走行している状況に、初子先生は「私達なんだかVIPみたいね」と笑顔で話す横顔が、それまでの私の気持ちを一気に払拭してくれました。

    初子先生はいつも、私の心の荷物をおろしてくれるそんな方でした。孤高で凛としていて、かっこいい女性でした。これからもずっと私の憧れです。


    のぶこ

三人兄弟 へ返信する コメントをキャンセル