[お偲び] 中野三敏 氏(九州大学 名誉教授)

中野三敏(なかの・みつとし)
命日: 2019年11月27日
年齢: 84歳
出身: 福岡県
肩書: 九州大学 名誉教授
備考:葬儀は近親者で施行。
高校教諭、短大助教授を経て1972年に九大文学部助教授。母校・早稲田大に提出し刊行した博士論文「戯作研究」(中央公論社)がサントリー学芸賞、角川源義賞を受賞。82年に九大教授に就任した。専攻は日本近世文学。本格的に研究対象とされてこなかった江戸中期こそが、江戸文化の開花期であると主張し、その後の江戸文化観・研究の方向性に大きな影響を与えた。長年、江戸時代の和本収集に取り組むなど書誌学研究の基盤を築いた。さらに浮世絵師・写楽の正体が阿波藩お抱えの能役者の斎藤十郎兵衛であることを立証するなど、研究領域は幅広く美術史や思想史まで及んだ。85年には著書「近世子どもの絵本集上方篇」で毎日出版文化賞。2010年に文化功労者、16年に文化勲章受賞。門下生に上田秋成の思想研究などで知られる大阪大の飯倉洋一教授や国文学研究資料館のロバート・キャンベル館長らがいる。その他の著書に「和本の海へ 豊饒の江戸文化」など。
参照:
・ 中野三敏さんが死去 九州大名誉教授
・ 九大名誉教授の中野三敏さん死去 84歳 江戸文学の大家、文化勲章受章

追悼の言葉を残す