[お偲び] 丹羽太左衛門 氏(日本養豚学会 名誉会長)

丹羽太左衛門(にわ・たざえもん)
命日: 2016年6月24日
年齢: 100歳
肩書: 日本養豚学会 名誉会長
事由: 肺炎
備考:葬儀は近親者で執り行われた。
しのぶ会:
2016年9月3日
ホテルモリノ新百合丘

9つの追悼の言葉があります

  1. 戦後の畜産学の基礎を作られ、その発展に尽力され、その技術を諸外国にも、広められた、ご生前の数々の御功績を偲び、衷心より哀悼の意を表します。幾多の御厚情をうけ、痛惜の念も一入です。
    先生の御苦労なくしては、今の、質の高い、日本の食文化は…


    匿名
  2. 偲ぶ会より戻り、初代名誉会長田口教一先生ご逝去、6月25日、1974年と、丹羽先生ご逝去、6月24日、23:58分、とは……共に本学会の創立、発展に多大に御尽力された方なので驚ろいた。改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。


    匿名
  3. 先生がお亡くなりになられたこと、偲ぶ会があった事、知りませんでした。残念です。せめてもう一度お目にかかり、お話させて頂きたかった。お顔も拝見したかった。


    匿名
  4. 偲ぶ会に出席できませんでしたことお許し下さい。いつか墓前におまいりさせて頂きたいです。御冥福をお祈りしております。


    匿名
  5. 先生が、お亡くなりになられて、4ヶ月が、たちます。先生の研究に賭けるエネルギー。その積み重ねは、尋常ではない努力でした。落ち着いた先生のいつも穏やかなお顔が、目に浮かんできます。


    匿名
  6. 日本養豚学会が、今日あるのは、発案・提唱は、丹羽先生であった事です。一緒に手伝った者として、その大変な御尽力、御業績を、ここに記しておきます。先生の御冥福を祈り上げます。


    匿名
  7. 本日の一周忌に際しまして、お心遣い頂きました父の母校伊香高校、そしてГ旧丹羽研究室」(信州大)の方々に深く御礼申し上げます。


    匿名

追悼の言葉を残す