[お偲び] 入江薫 氏(宝塚歌劇団 名誉理事)

入江薫(いりえ・かおる)
命日: 2015年11月15日
年齢: 95歳
肩書: 宝塚歌劇団 名誉理事
備考:葬儀は近親者で施行。
1950年宝塚歌劇団入り。「花のオランダ坂」の劇中歌「私は桃の花が好き」や「ジャワの踊り子」、「君の名は」など菊田一夫作品、「ノバ・ボサ・ノバ」「風と共に去りぬ」など270以上の宝塚作品で作曲や編曲、指揮を担当。上品で甘い曲調で親しまれた。2014年、「宝塚歌劇の殿堂」入りを果たした。
参照:
・ 入江薫氏が死去 宝塚歌劇団名誉理事
・ 入江薫氏死去(宝塚歌劇団名誉理事、作曲家)
・ 訃報:入江薫さん95歳=宝塚歌劇団名誉理事、作曲家

2つの追悼の言葉があります

  1. 宝塚歌劇団101年の歴史の中で多くの作曲家が作品を残しています。入江薫の美しく、気品溢れるメロディーは、宝塚ファン歴60年の私にとって、いつもナンバーワンでした。昔は公演毎に、主題歌の楽譜が発売され和音コードとメロディーをピアノで舞台を思い出しながら家族で歌ったものです。入江薫さんというきれいな名前と音楽の美しさがピッタリで憧れていた少女の頃。
    今も大切な楽譜です。なぜか今宝塚歌劇団は楽譜を出版しないので、文化が失われ無いか危惧しています。バッハやモーツァルトの音楽が今演奏できるのは楽譜が有ったからなのに。


    佐藤友里子
  2. 初めて宝塚歌劇観劇は昭和37年東京宝塚劇場「花のオランダ坂」でした。
    1階3列目正面、加茂さくらさんがまぶしくて・・・
    終盤には加茂さんの顔が見えない程涙で顔を濡らしたものでした。
    あの甘く切ない哀愁のあるメロディはプッチニーにも匹敵する如く感じたものです。
    僕が未だ23歳の青春時代の事です。
    姉が口ずさんでいたのも「浜の砂地に貝殻ひとつ・・・」浜木綿子さんの入江メロディ
    でしたね。心にしみわたる旋律は色褪せません。惜しい方でした。


    匿名

追悼の言葉を残す