[お偲び] 入船亭扇橋 氏(落語家)

入船亭扇橋(いりふねてい・せんきょう)
生誕: 1931年5月29日
命日: 2015年7月10日 12時38分
年齢: 84歳
出身: 東京都青梅市
肩書: 落語家
葬儀: 2015年7月15日
会場: 平安祭典 高円寺会館
東京都杉並区高円寺北2丁目1−7
備考:本名は橋本光永(はしもと・みつなが)。1957年に三代目桂三木助に入門。三木助の死後、61年に五代目柳家小さんの門下に移り、70年に真打ち昇進、九代目扇橋を襲名した。若いときから枯淡の芸風で知られた。また、小さんのまろやかな表現と、三木助の洗練された表現に影響を受け、寄席を中心に古典落語を磨いた。「芝浜」「文七元結(ぶんしちもっとい)」「鰍沢(かじかざわ)」「火事息子」などを得意とした。81年には落語の世界を題材にした映画「の・ようなもの」に落語家の役で出演した。83年に芸術選奨文部大臣新人賞を受賞した。落語協会で理事、相談役を歴任。俳句もよくたしなんだ。永六輔さんや柳家小三治さん、桂米朝さんらと作る「東京やなぎ句会」の宗匠で、俳号は光石(こうせき)。
参照: ウィキペディア
・ 落語家の入船亭扇橋さん死去 84歳
・ 訃報:入船亭扇橋さん84歳=落語家、東京やなぎ句会宗匠
・ 落語家の入船亭扇橋さん死去

追悼の言葉を残す