[お偲び] 北浦年一 氏(株式会社北梅組 相談役)

北浦年一(きたうら・としかず)
命日: 2020年5月10日
年齢: 84歳
肩書: 株式会社北梅組 相談役
備考:葬儀は近親者で施行。
約20年にわたって大阪府建団連会長、2003年から建設産業専門団体近畿地区連合会(近畿建専連)の会長も務め、関西の専門工事業界をけん引してきた。1955年3月に兵庫県立高砂高を卒業し、同年4月に北梅組入社。66年6月から社長に就き、同社を関西有数の専門工事業者に育て上げ、86年3月から08年1月にかけては清水建設の近畿兼喜会の会長も務めた。元請企業との縦のつながりだけが重視されがちな専門工事業界で、横の連携の大切さを説き、社長在任中に近畿建設躯体工業協同組合の理事長を務め、94年1月に同社の代表取締役会長に就いた後は関西の専門工事団体を束ねる大阪府建団連の会長となり、専門工事業、とりわけ現場の最前線で汗を流す職人の地位向上に尽力した。少々口は悪いが、飾りなく本音を語り、人への愛情あふれる人間像は強烈なカリスマ性があった。かつて行政は、元請企業と下請企業の関係は民間企業同士の契約の話としてあまり積極的に関与しなかったが、北浦氏は「職人に光を当ててほしい」と粘り強く主張を続け、社会保険未加入対策などに乗り出すきっかけをつくった。これらの功績が評価され、94年11月に黄綬褒章、06年4月に旭日双光章を受章し、大阪府知事表彰や近畿地方整備局長感謝状なども受けている。
参照:
・ 大阪府建団連の北浦会長が逝去/関西の専門工事業界をけん引

追悼の言葉を残す