[お偲び] 大島康徳 氏(元プロ野球選手、元監督)

大島康徳(おおしま・やすのり)
命日: 2021年6月30日
(東京都内の病院で)
年齢: 70歳
出身: 大分県中津市
肩書: 元プロ野球選手、元監督
備考:葬儀は近親者で施行。
大分・中津工高から1968年秋のドラフト3位で中日に入団した。当初は投手だったが、野手に転向。打撃に磨きをかけ、長打力と勝負強さを生かし、76年にシーズン代打本塁打7のプロ野球記録を樹立した。79年に36本塁打、103打点の好成績。83年には36本塁打を放ち、山本浩二さん(広島)と並び、本塁打王を獲得した。88年からトレードで日本ハムに移籍し、90年8月、オリックス戦(西宮)でプロ野球25人目の2千安打を達成した。94年に引退し、00~02年は日本ハムの監督を務めた。3年間で1年目の3位が最高。06年には第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で打撃コーチを務め、優勝を経験した。通算成績は2638試合出場で打率2割7分2厘、2204安打、382本塁打、1234打点。シーズンで打率3割以上(規定打席)、30本塁打以上が各3度、歴代2位の通算代打本塁打20本などを記録した。監督通算は181勝225敗7分け。17年2月に大腸がんを明らかにし、解説者などを続けながら闘病していた。
参照:
・ 大島康徳さんが死去 元プロ野球日本ハム監督
・ 元中日で日本ハム率いた大島康徳さんが死去 がんで闘病
・ 大島康徳さん死去、70歳 元本塁打王、監督経験も―プロ野球

追悼の言葉を残す