[お偲び] 大野征次 氏(京都府議会 議員)

大野征次(おおの・まさつぐ)
生誕: 1937年9月20日
命日: 2014年10月15日 11時
(京都府京都市の病院で)
年齢: 77歳
出身: 京都府八幡市
肩書: 京都府議会 議員
葬儀: 2014年10月18日
会場: セレマ南八幡シティホール
京都府八幡市八幡南山45
備考:1991年、京都府議に初当選。現在6期目。民主党府議団に所属していた。2005年7月から07年4月まで副議長を務めた。
参照:
・ 大野征次氏死去 京都府議
・ 訃報:大野征次さん 77歳=府議 /京都
・ 大野征次府議会議員のご逝去を悼む

追悼の言葉があります

  1. 7年も前に亡くなっていたのですか?1977ダッカ事件で日本政府から16億や犯人釈放せしめた赤軍にピースボートを作って貰った、朴貞子から1995年に帰化した辻元を良く知って社民党におられたこともありましたが、2000年に立正佼成会の山井が比例に回った時の総選挙や、八幡市長を目指してたのに府議補選にも出してもらえませんでした。大野氏が亡くなられた後は、八幡は自・民の議席を守れず、自・共になり、今は占領されやすくする都構想・何でも民営化新自由主義の維新も大野氏支持母体の解放同盟押さえてかかなり得票してます。2001年山井に京都佼成会を付けずに白川新党で潰されて以来、赤軍辻元と山井佼成会の落選運動に賭け、大野氏没の7年後の今年、高槻で辻元=赤軍はデマでなく事実と言って回り、落選させることができました。生コンと退位十連休に天皇地方に追いやる企てで辻元はお縄にし、来夏参院選までに陳哲郎含む自身の代での帰化候補は隠しては当選無効位の法改正されたら、二度と政界復帰できないようにしてやりたいです。大野氏が八幡市長の夢を捨ててまで死ぬまで八幡選出府議を守ってあげた、私の人生20年棒に振らせた山井を、次回は何が何でも落選させないと死んでも死に切れません。弁護士も連帯保証人は借主の承諾なく付けられることを教えてくれませんでしたが、大野氏も、政界で異様な抜擢基準は反日度合いで、自身の代での帰化などは破格だということを教えてくださいませんでしたね。大野氏は私のことを自分本位と言いましたが、山井氏の自分本位は立正佼成会を蓑に破格で、最近恫喝的な物言いも目立つのに、何と(前回負けた自民候補に女性問題でっち上げ?下ろした上に?)共産党が候補下ろし、公示十日前に支援断り自主投票でも、楽勝しました。


    匿名

追悼の言葉を残す