[お偲び] 安藤節子 氏(聖園学園短期大学 教授)

安藤節子(あんどう・せつこ)
命日: 2016年8月14日 5時56分
(秋田県秋田市の病院で)
年齢: 69歳
肩書: 聖園学園短期大学 教授
葬儀: 2016年8月21日
会場: 秋田ビューホテル
秋田県秋田市中通2丁目6−1
参照:
・ 安藤 節子さん(あんどう・せつこ=聖園学園短大教授)

3つの追悼の言葉があります

  1. 短大の卒業生です。
    2年間という短い間でしたが、大変お世話になりました。
    熱心にご指導下さり、ありがとうございました。
    先生の温かい声、優しい笑顔、真摯に学生一人ひとりと向き合っていたお姿は、今も忘れられません。
    そして、突然のお別れになるとは思ってもいませんでした。
    卒業してからは中々短大に顔を出せず、最期のお別れもできず、後悔ばかりです。
    また、御参列できず申し訳ありません。
    いつかお祈りを捧げに参ります。
    本当にお疲れ様でした。
    ゆっくり休んで下さい。


    今野ひかり
  2. 安藤先生へ

    あまりに突然のお別れに悲しみをどんな言葉で表せばよいのかわからずにいます。
    いろいろな機会に先生とご一緒でき思い出もたくさんあり、何より先生の優しい語り口、笑顔、時に真剣に保育について語る姿勢 忘れられません。先生にはたくさん力をいたただきました。ロボットカミィの事例はいまでも私の宝物です。先生、本当にありがとうございました。天国でもきっと、保育を熱く語っていることでしょう。


    田仲真紀子
  3. 年に一度の帰省で偶然、新聞で訃報を聞きました。
    とても驚き悲しくまだお若かったのにと残念でなりません。
    おしゃれで聡明なお姿を今でも鮮明に思い出します。
    とてもお優しく、研究室で紅茶をご馳走していただき雑談したこともありました。
    保育内容の講義中に、子どもの心理の発達について、息子さんにちょっとした意地悪な反応をして様子をみる実験。(真似しないでと言われました。笑)
    彼氏がもし、あなたを助手席に乗せて高速なドライブをしたならその彼はあなたのことを本当の意味で愛していないのよ。と生徒全員にアドバイスくださったこと。
    まだまだたくさんありますが、私はこの2つが時々思い出す先生からの教えです。
    ご主人や息子さんの悲しみもいかばかりかと思います。
    先生、どうか安らかにお休みください。
    先生の教えは私たちの心の中でずっと生き続けます。
    大好きです。


    小野寺鐘子

小野寺鐘子 へ返信する コメントをキャンセル