[お偲び] 安部譲二 氏(作家)

安部譲二(あべ・じょうじ)
命日: 2019年9月2日 1時18分
(東京都内の自宅で)
年齢: 82歳
出身: 東京都
肩書: 作家
備考:葬儀は近親者で施行。
本名は安部直也(あべ・なおや)。中学時代に暴力団に加わり、その後は日本航空の客室乗務員、ばくち打ち、用心棒、キックボクシングの解説者、競馬評論家など異色の経歴を辿ってきた。40代半ばで作家を志し、1986年、東京・府中刑務所内での収監体験をユーモラスに描いた自伝的小説「塀の中の懲りない面々」でデビュー。同作はベストセラーとなり、翌年、映画化もされた。原作を担当した漫画「RAINBOW-二舎六房の七人-」は、2005年度の小学館漫画賞を受賞した。その他、「塀の中のプレイ・ボール」「極道渡世の素敵な面々」など極道をテーマにした軽妙な作品を次々に発表して人気を博した。俳優やタレントとしても活躍した。
参照:
・ 作家の安部譲二さんが死去
・ 作家の安部譲二さん死去 「塀の中の懲りない面々」
・ 作家の安部譲二さん死去=「塀の中の懲りない面々」など、82歳

追悼の言葉を残す