[お偲び] 室伏鴻 氏(舞踏家・振付家)

室伏鴻(むろぶし・こう)
命日: 2015年6月18日
(メキシコ市で)
年齢: 68歳
出身: 東京都
肩書: 舞踏家・振付家
備考:本名は木谷洋(きたに・ひろし)。
暗黒舞踏の草分けである土方巽に師事し、1972年、麿赤兒氏らと「大駱駝艦」を旗揚げ。女性だけの舞踏集団「アリアドーネの會」をプロデュースした。76年、舞踏派「背火」を主宰し、福井県五太子町に劇場「北龍峡」を開いた。78年にパリで上演した「最期の楽園」が1カ月のロングランとなり、日本発の舞踏が「BUTOH」として世界に認知されるさきがけとなった。以降、海外で数多くのフェスティバルに招かれ、即興性を生かしたソロ公演を行った。2000年から日本での活動も再開していた。2006年にはベネチア・ビエンナーレで「クイック・シルバー」を発表、銀色に塗られた裸体のうごめきが高く評価された。
お別れの会「ありがとう 室伏鴻!」:
2015年8月5日
草月ホール
発起人代表:麿赤兒 さん
参照:
・ 室伏鴻さん死去 日本を代表する舞踏家・振付家
・ 室伏鴻氏死去=舞踏家、68歳
・ 故室伏鴻氏のお別れの会 舞踏家
・ 故室伏鴻さん、8月にお別れの会 発起人代表は麿さん

追悼の言葉を残す