[お偲び] 寺内タケシ 氏(ギタリスト)

寺内タケシ(てらうち・たけし)
命日: 2021年6月18日 20時37分
(神奈川県横浜市の病院で)
年齢: 82歳
出身: 茨城県土浦市
肩書: ギタリスト
備考:葬儀は近親者で施行。本名は寺内武。
少年時代から自作のエレキギターで演奏した。1962年に「寺内タケシとブルージーンズ」を結成。オリジナル曲からクラシックの名曲、映画音楽まで自在に繰る卓越したテクニックで、「エレキギターの神様」と呼ばれた。また、加山雄三主演の映画「エレキの若大将」に出演するなどエレキギターブームを巻き起こした。67年にベートーベンの交響曲第5番をエレキギターで演奏した「レッツ・ゴー『運命』」で日本レコード大賞編曲賞、78年に「寺内タケシ日本民謡大百科」で同企画賞を受賞した。「津軽じょんがら節」など、エレキで民謡を演奏する試みでも知られた。70~80年代には冷戦下の旧ソ連でたびたびツアーをおこない、国連平和賞を受けた。74年から、非行を助長するとして全国の学校に"エレキ禁止令"が広がったことに抗議して、全国の高校を対象に「ハイスクールコンサート」を始め、2017年まで続けて1500カ所以上を訪れた。
お別れの会:
2022年6月24日
横浜ランドマークホール
参照:
・ 寺内タケシさん死去 「エレキの神様」、82歳
・ 「エレキの神様」寺内タケシさん死去 全国の高校も回る
・ 寺内タケシさん死去 「エレキの神様」、82歳

2つの追悼の言葉があります

  1. エレキの神様がエレキの仏様になってしまいました。
    未だに信じられません。寺内タケシさんは私の青春時代の1ページであるととも
    に、いつもエレキの神様に憧れていました。
    もう、寺内タケシさんみたいな偉大なギタリストは現れないでしょう。
    ただ、残念でなりません。
    心より、お悔やみ申し上げます。


    匿名

追悼の言葉を残す