[お偲び] 小倉秀彦 氏(医師、八戸クリニック街かどミュージアム 館長)

小倉秀彦(おぐら・ひでひこ)
命日: 2018年5月14日 0時14分
(青森県八戸市の自宅で)
年齢: 73歳
出身: 青森県
肩書: 医師、八戸クリニック街かどミュージアム 館長
事由: 前立腺がん
葬儀: 2018年5月18日
備考:青森労災病院産婦人科部長などを経て、1989年に八戸クリニックを開業した。分娩数は開業後だけで1万6千人を超え、体外授精ではいち早く顕微授精に取り組むなど地域の周産期医療に尽くした。本業の傍ら、浮世絵や鳥瞰図絵師吉田初三郎の作品、映画ポスターの収集にも情熱を注ぎ、2012年に街かどミュージアムを開館。現在では、東北地方屈指のコレクションを誇る施設となっている。また、11年に私財を投じて種差海岸天然芝生地近くに無料休憩所「レストハウスたねさし」を整備し、東日本大震災後の観光を下支えしたほか、国内外で活躍する劇団「わらび座」八戸公演の主催、児童養護施設などへの本の寄贈など、八戸の地域活性化や文化振興に貢献した。

追悼の言葉を残す