[お偲び] 平良敏子 氏(芭蕉布の第一人者、人間国宝)

平良敏子(たいら・としこ)
命日: 2022年9月13日
(沖縄県大宜味村の自宅で)
年齢: 101歳
出身: 大宜味村喜如嘉
肩書: 芭蕉布の第一人者、人間国宝
葬儀: 2022年9月16日
会場: 大宜味村火葬場
沖縄県大宜味村喜如嘉板敷原232−2
備考:母親から木綿織や絹織の技術を学んだあと、岡山県倉敷市で民芸運動の指導者、外村吉之介氏に学んだ。その後、大宜味村に戻ってからは後継者がおらず太平洋戦争末期の沖縄戦で途絶えた状態になっていた「芭蕉布」の復興に力を尽くし、技法の伝承に携わった。喜如嘉の芭蕉布保存会の会長として後進の指導にあたるとともに、みずからも、常に新しい感覚の作品づくりに取り組んできた。その卓越した技術と高い芸術性が評価され、2000年には国の重要無形文化財保持者、いわゆる「人間国宝」に認定された。100歳を超えても後継者の養成施設に通い、糸を紡ぐなどの作業にあたっていた。
参照:
・ 平良敏子さんが死去 芭蕉布職人の人間国宝
・ 「芭蕉布」復興に尽力 人間国宝・平良敏子さんの告別式
・ 人間国宝の平良敏子さん死去 101歳、沖縄の「芭蕉布」復興に尽力

追悼の言葉を残す