追悼の言葉があります

  1.  図らずも日本経済新聞により、精孝様のご逝去のことを知りまして大変驚きました。三重銀行在職中に大阪支店の開設にあたり当時20代後半の私に公私にわたりご指導いただき、その後名古屋支店でもご一緒に仕事をさせていただきました。私の銀行員生活の中で忘れることのできない存在でありました。
     ご一家皆々様のご悲嘆の程、深くお察し申し上げます。謹んでご冥福をお祈り申し上げ、ご生前のご厚情に心からの感謝を捧げます。


    坂野義仁

追悼の言葉を残す