[お偲び] 有賀和子 氏(ピアニスト、桐朋学園大学 名誉教授)

有賀和子(ありが・かづこ)
命日: 2020年5月24日 12時6分
(東京都目黒区の病院で)
年齢: 92歳
出身: 福岡県
肩書: ピアニスト、桐朋学園大学 名誉教授
備考:葬儀は近親者で施行。後日、お別れの会を開く。
東京音楽学校(現東京芸術大)卒業後、井口基成氏や安川加寿子さんらに師事。演奏家だけでなく教育者としても活躍した。日本ショパン協会理事なども務めた。
参照:
・ 有賀和子さん死去 ピアニスト

2つの追悼の言葉があります

  1. 慎んでお悔やみ申しあげます
    野球やサッカーのあと
    渋谷の先生のご自宅で
    ピアノの鍵盤を真っ黒にしながら
    レッスンを受けていた日々を
    思い出しました
    色々とありがとうございました


    松本 重幸
  2. 先生、今でも信じられません。
    もう1回レッスンしていただきたかったです。
    「あなたはね、音楽性はあるのにテクニックがないのよね。」
    高校の時は先生によく言われました。
    1回目のリサイタルのCDを先生に送った時には、お手紙をいただきました。本物に感謝してもしきれません。
    厳しいけれど、あったかい先生が本当に大好きでした。
    ありがとうございました。
    先生に教えて頂いた、シューマン、ショパン、忘れません。
    天国から、これからも見ていてください。
    精進します。
    ありがとうございました。


    高橋 咲千子

松本 重幸 へ返信する コメントをキャンセル