[お偲び] 服部克久 氏(作曲家、編曲家)

服部克久(はっとり・かつひさ)
命日: 2020年6月11日 8時42分
(東京都内の病院で)
年齢: 83歳
出身: 東京都
肩書: 作曲家、編曲家
備考:葬儀は近親者で施行。
作曲家の服部良一さんの長男。幼少時から音楽教育を受け、成蹊高校からパリ国立高等音楽院へ留学、修了した。帰国後、父と同じ大衆音楽の道へ。初仕事は1959年、ダークダックスが歌う日本民謡をフランス歌曲風に編曲した。80年には山口百恵さんの引退公演の音楽監督を務めた。谷村新司さんの「昴」、竹内まりやさんの「駅」など名曲の編曲を多数手掛けた。作曲した代表作にTBS系ドキュメンタリー番組「新世界紀行」(87~92年)のテーマ曲「自由の大地」、「ザ・ベストテン」のテーマ曲など。テレビの創生期から作・編曲家として活躍し、音楽番組だけでなくフジテレビの子ども番組「ママとあそぼう!ピンポンパン」など幅広い番組に関わった。自作を思い通りに編曲プロデュースするアルバム「音楽畑」シリーズはライフワークだった。手がけた曲は数万曲規模とされる。
参照:
・ 服部克久さんが死去 作編曲家
・ 作曲家の服部克久さん死去 ザ・ベストテンのテーマなど
・ 服部克久さん死去 作・編曲家、「ミュージックフェア」、83歳

3つの追悼の言葉があります

  1. 私は服部克久先生のフアンでそしてすごい作曲家でしたね。私も服部先生みたいな先生がほしかったですね。天国でもいい曲を作ってくださいね。また書きます。ご冥福をお祈りします。


    樋口由美
  2. 私は服部克久先生のCDを買いました。きっと天国から喜んでくれていると思いますね。お悔やみを申し上げます。


    樋口由美

樋口由美 へ返信する コメントをキャンセル