[お偲び] 杉本苑子 氏(作家)

杉本苑子(すぎもと・そのこ)
命日: 2017年5月31日 5時30分
(静岡県熱海市の自宅で)
年齢: 91歳
出身: 東京都
肩書: 作家
備考:葬儀は近親者で施行。
文化学院卒業後、1951年に「申楽新記」が「サンデー毎日」の懸賞小説3席に選ばれ、選考委員だった吉川英治に師事。門下生として10年近い修業をした後、61年に初の短編集「船と将軍」を刊行。63年、江戸中期に木曽三川の治水工事を手掛けた薩摩藩士の苦衷を描いた「孤愁の岸」で直木賞を受賞、作家としての地位を確立した。学徒出陣の見送りや敗戦を思春期に体験したことが原体験となり、歴史に関する深い造詣を背景に、古代から近代まで幅広い時代を取り上げ、時の流れに翻弄される人物が登場する小説を発表した。78年に江戸時代の戯作者を描いた「滝沢馬琴」で師の名前を冠した吉川英治文学賞を受賞した。86年に奈良時代の長屋王事件から大仏開眼までを描いた「穢土荘厳」で女流文学賞を受賞した。「マダム貞奴」「冥府回廊」は85年のNHK大河ドラマ「春の波濤」の原作となった。ほかの作品に、世阿弥を描いた「華の碑文」、紫式部の生の軌跡を描いた「散華」など。95年文化功労者、2002年に菊池寛賞と文化勲章を受けた。国語審議会委員、日本女流文学者会会長などを歴任した。古希を迎えてからも「悲華水滸伝」などを刊行した。「小説に恋をした」と言い、生涯独身を通し、生前から著作権を含む全財産を名誉市民となった静岡県熱海市に寄贈する契約をしていた。
参照:
・ 杉本苑子さんが死去 作家、「孤愁の岸」
・ 作家の杉本苑子さん死去 91歳 歴史小説「孤愁の岸」
・ 杉本苑子さん死去、91歳=歴史小説「滝沢馬琴」、文化勲章

追悼の言葉を残す