[お偲び] 村田兆治 氏(元プロ野球選手)

村田兆治(むらた・ちょうじ)
命日: 2022年11月11日
年齢: 72歳
出身: 広島県
肩書: 元プロ野球選手
備考:福山電波工高(現近大福山高)から1968年、東京オリオンズ(現ロッテ)に入団した。足を高く上げてマサカリを振り下ろすようなダイナミックなフォームで、速球とフォークを武器にした。83年に肘の手術を受け、苦しいリハビリを経て85年に完全復帰。89年には39歳で最優秀防御率に輝くなど、最多勝1回、最優秀防御率3回、最多奪三振4回のタイトルを獲得した。90年に40歳で引退するまでに、通算215勝177敗33セーブを挙げた。現役を引退した後は野球評論家を務めた。2005年に野球殿堂入りを果たし、08年からは、最も活躍した先発完投型の投手を表彰する「沢村賞」の選考委員を務めた。「離島甲子園」として知られる全国離島交流中学生野球大会を開催するなどして離島振興にも尽力した。
参照:
・ 村田兆治さんが死亡 72歳 未明に自宅で火災 世田谷
・ 「マサカリ投法」村田兆治さん、数々のタイトル 自宅火災で死去

追悼の言葉を残す