[お偲び] 松阪猛 氏(元近畿大学柔道部監督)

松阪猛(まつさか・たけし)
生誕: 1939年12月20日
命日: 2014年10月22日
(大阪府岸和田市の自宅で)
年齢: 74歳
出身: 大阪府岸和田市
肩書: 元近畿大学柔道部監督
事由: すい臓がん
葬儀: 2014年10月25日
備考:大阪府警察に所属していた1965年の全日本選手権では決勝まで進むものの、旭化成の坂口征二に延長3回の末、判定で敗れた。その後は2年連続3位にとどまった。1967年の世界選手権(重量級)では3回戦でオランダのウィレム・ルスカに敗れて3位に終わった。1968年の全日本選手権では、決勝でそれまで一度も勝てなかった前年覇者の岡野功を内股でのポイントによる優勢勝ちで破り、出場6回目にして優勝を果たした。現役引退後は順調に昇段を重ね、1989年5月1日に8段、2012年4月28日の講道館創立130周年記念式典にて9段に昇段し赤帯を許された。

2つの追悼の言葉があります

追悼の言葉を残す