[お偲び] 林家こん平 氏(落語家)

林家こん平(はやしや・こんぺい)
命日: 2020年12月17日 14時2分
(東京都内の自宅で)
年齢: 77歳
出身: 新潟県千谷沢村(現 長岡市)
肩書: 落語家
備考:葬儀は近親者で施行。後日、お別れの会を開く。本名は笠井光男(かさい・みつお)。
1958年、初代林家三平さんに入門。72年に真打ち昇進。前座からこん平で通した。師匠譲りの型破りな高座で頭角を現し、「笑点」は66年の放送開始から大喜利メンバーに。40年近くレギュラー出演し、明るいキャラクターで親しまれた。「こん平でーす」「1、2、3、チャラーン」と張りのある声を上げるギャグで客席を沸かせた。また、「越後生まれ」「出稼ぎ落語家」と名乗るなど地方出身の庶民派として親しまれた。卓球好きでも知られ、落語家らでつくる「らくご卓球クラブ」を創設。80年に師匠三平が亡くなってからは一門を率いた。弟子に林家たい平、二代目林家三平がいる。2006年から落語協会相談役。
参照:
・ 林家こん平さん死去 落語家、77歳
・ 林家こん平さん死去 「チャラーン」笑点で活躍、77歳
・ 林家こん平さん死去、77歳 演芸番組「笑点」の人気者

追悼の言葉を残す