[お偲び] 柴内啓子 氏(岩手県洋舞協会 会長)

柴内啓子(しばない・けいこ)
命日: 2015年10月13日 1時43分
(岩手県盛岡市の病院で)
年齢: 78歳
出身: 岩手県盛岡市
肩書: 岩手県洋舞協会 会長
備考:葬儀は近親者で施行。本名は小野寺啓子(おのでら・けいこ)。
長年舞踊家として活躍するとともに1962年、盛岡市に柴内啓子現代舞踊研究所を開設し、国内外の第一線で活躍する舞踊家を数多く輩出。現代舞踊芸術の振興に貢献した。現代舞踊協会東北支部副支部長、盛岡芸術協会理事。県芸術選奨、県教育表彰、現代舞踊フェスティバル優秀賞、松山バレエ団顕彰芸術賞、東京新聞主催全国舞踊コンクール指導者賞、盛岡市市勢振興功労者表彰、文部科学大臣地域文化功労者表彰などを受賞した。
参照:
・ 岩手日報 訃報

2つの追悼の言葉があります

  1. あまりにも突然の別れに未だに信じられずにいます。まだまだ教えて頂きたいことが沢山あったのに…
    先生に教えて頂きたいことを忘れず娘共々頑張っていきます。公演会、天から見守っていてくださいね。
    たくさんのご教授ありがとうございました。


    高橋 雪絵
  2. 先生にお声を掛けられると幼い頃に引き戻され、懐かしく、また街のどこかでお目にかかれる日が来ると疑いもなく過ごしておりました。

    大人になって振り返ると先生に出会えたこと、学校以外に自分の居場所があったことは本当に幸せなことでした。
    先生に直接伝えたかった…

    今まで本当にありがとうございました。


    岩切 陽子(旧姓:笹川)

追悼の言葉を残す