[お偲び] 毛利子来 氏(小児科医)

毛利子来(もうり・たねき)
生誕: 1929年11月27日
命日: 2017年10月26日 7時15分
(東京都渋谷区の病院で)
年齢: 87歳
出身: 千葉県
肩書: 小児科医
備考:葬儀は近親者で施行。
東京都渋谷区で約55年間にわたって小児科医院を営み、「たぬき先生」の愛称で親しまれた。「子来」を「たねき」と読んでもらえないので、自ら「たぬき先生」と称した。母子保育などの研究に取り組み、精力的に講演活動も行った。子どもの健康誌「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」の元編集代表。子供・障害児に関する著書を多数刊行した。著書に「赤ちゃんのいる暮らし」など。共著に「育育児典」。1987年、「ひとりひとりのお産と育児の本」で毎日出版文化賞を受賞。ルソーの「エミール」に倣った「新エミール」と、その続編で小説仕立ての「エミールとソフィ」なども著した。
参照: ウィキペディア
・ 毛利子来氏が死去 小児科医
・ 小児科医の毛利子来さん死去 「たぬき先生」の愛称
・ 毛利子来氏死去 小児科医「たぬき先生」

追悼の言葉を残す