[お偲び] 江口信清 氏(立命館大学 名誉教授)

江口信清(えぐち・のぶきよ)
命日: 2015年4月16日 12時2分
(京都府京都市の病院で)
年齢: 65歳
出身: 京都府京都市
肩書: 立命館大学 名誉教授
事由: 悪性神経膠腫
葬儀: 2015年4月18日

2つの追悼の言葉があります

  1. 今日ポストに届いていた立命の会報を拝見し、先生の訃報を知りました。
    学生時代、茶道と文化地理学を結び付けて卒論を仕上げましたが、先生には何度もダメ出しされました。でもなんとか提出までこぎつけ、無事卒業し、今では何の不自由もなく幸せに暮らしています。
    卒業後は、京都→名古屋→浦安→横浜、現在は高崎に住んでいます。
    先生はこれまで何人もの生徒と触れ合って、教鞭をふるってきたことでしょう。私のことなどは記憶になかったこととは思いますが、
    私は先生のことを覚えていますよ^^本も大切に持っています。

    まだまだこれからも長生きして頂きたかったです。お若いのに。。。

    大変お世話になりました。ありがとうございます!!!

    ご冥福をお祈りします。

    青木 克文


    青木 克文
  2. 先生の訃報を校友会報で知りました。先生が着任された際の最初の受講生でした。文化人類学。講義を聴いた内容の鮮烈さに驚き先生の部屋を叩き外国へ私をいざなって頂きました。その後60ヶ国程滞在し現在でも社会学を講義しており、海外と日本を往復日々ですがその端緒をつくっていただいたのが先生と思っております。ノートも持っておりたまに講義の参考にさせて頂くことも御座います。あまりの早い訃報に驚いております。もう一度酒を陪席させて頂きたい先生でした。先生に誘っていただきました私の人生は間違ってなかったと現在でも思っております。有難う御座いました。


    瀬野宏治

追悼の言葉を残す