[お偲び] 渡辺英彦 氏(富士宮やきそば学会 会長)

渡辺英彦(わたなべ・ひでひこ)
命日: 2018年12月19日 7時40分
(静岡県長泉町の病院で)
年齢: 59歳
出身: 静岡県
肩書: 富士宮やきそば学会 会長
事由: 直腸がん
喪主: 泉(妻)さん
備考:東京の損害保険会社のサラリーマンを経て1987年に故郷富士宮で保険代理店を開業。青年会議所で町おこしに取り組み、2000年に地域活性化を目的に「やきそば学会」を立ち上げ会長に就任。「やきそばマップ」を作るなどして積極的に情報発信し、全国から観光客を呼び込み、ご当地グルメによる町おこしの先駆けとなった。2006年からご当地グルメで地域の魅力を発信するイベント「B―1グランプリ」を始め、B級グルメブームの火付け役になった。同グランプリを主催する「愛Bリーグ」(ご当地グルメでまちおこし団体連絡協議会)会長も務めた。
お別れの会:
2019年1月19日 10時~
駅南ホールきずな
(静岡県富士宮市田中町28−8)
参照:
渡辺英彦氏が死去 「B―1グランプリ」仕掛け人
富士宮やきそば学会会長の渡辺英彦さん死去 B―1育成
・ 渡辺英彦氏死去 B―1グランプリ仕掛け人

追悼の言葉があります

  1. 密度の濃い59年間でしたが、少し急ぎすぎましたね。中学から英彦はいつも私の目標でした。講演出張で大阪を通る時にはいつも一泊して声を掛けてくれて、ありがとう。大阪人も知らないグラナダでのギター演奏は忘れられません。肩が痛くてコートも着れず、横になって眠ることもできないと言ってました。本当に大変でしたね。天国ではゆっくり休んで、大好きなギターを好きなだけ練習して下さい。私も後から参りますが、色々な曲を聞かせてもらうのを楽しみにしています。泉さんはもちろん、ご家族の方々を見守って下さい。お疲れ様でした。もう一度、ありがとう、そしてさようなら。


    上田 整

追悼の言葉を残す