[お偲び] 湧上元雄 氏(琉球大学 元教授)

湧上元雄(わくがみ・もとお)
命日: 2015年9月9日 4時56分
(沖縄県南城市の病院で)
年齢: 98歳
出身: 沖縄県南城市玉城
肩書: 琉球大学 元教授
事由: 肺炎
葬儀: 2015年9月11日
備考:社会運動家で衆議院議員を務めた湧上聾人(ろうじん)の長男。県立二中卒業後、国学院大学国文科で折口信夫の薫陶を受けた。戦後は県内高校教諭を経て琉球大学教授となった。定年退職後、県文化財保護審議会審議委員、玉城村史編集委員長などを務めた。2000年に沖縄の民俗学研究の業績が評価され第17回東恩納寛惇賞(琉球新報社主催)を受賞。05年には、文化財保護の功績を評価され文部科学大臣の地域文化功労者表彰を受けた。12年に1度開かれるイザイホーを1942年以降4回見た数少ない研究者の一人。奄美から八重山まで各地の祭祀の現地調査を行い「沖縄民俗文化論―祭祀・信仰・御嶽」(2000年)にまとめた。

追悼の言葉を残す