[お偲び] 田中良之 氏(九州大学 教授、日本考古学協会 前会長)

田中良之(たなか・よしゆき)
命日: 2015年3月4日 13時
(福岡県福岡市東区の病院で)
年齢: 61歳
出身: 熊本県荒尾市
肩書: 九州大学 教授、日本考古学協会 前会長
事由: 膵臓がん
葬儀: 2015年3月7日
備考:九州大学で考古学を学び、古人骨を扱う形質人類学にも詳しかった。古墳に埋葬された人骨や歯の分析から、古代社会の親族関係の変遷を解き明かしたことで知られる。著書に「古墳時代親族構造の研究」(柏書房)、「骨が語る古代の家族」(吉川弘文館)など。考古学協会の会長は2012年から14年まで務めた。

2つの追悼の言葉があります

  1. 九州大学考古学で最も才能豊かな方でした。あまりにも早すぎる逝去に言葉がありません。順番が違っています。


    匿名
  2. 田中くん
    小中学で同級生でした。
    34歳の時荒尾で会って以来。
    いつか会おうと思っていましたが。
    まさか今生において会えなくなるとは。
    熊高 九大 と最大公約数の選択で自ら切り拓いてきた君の姿に励まされてきました。


    白谷秀樹

追悼の言葉を残す