[お偲び] 石井連蔵 氏(早稲田大学野球部 元監督)

石井連蔵(いしい・れんぞう)
生誕: 1932年6月26日
命日: 2015年9月27日
(埼玉県さいたま市の自宅で)
年齢: 83歳
出身: 茨城県
肩書: 早稲田大学野球部 元監督
事由: 老衰
備考:茨城の水戸一高から1951年に早大に進み、エースとして活躍。54年には主将を務め、打力を生かして4番も打った。同年秋に優勝し、打率3割7分5厘で首位打者。卒業後は日本鋼管に入り、58年に25歳の若さで早大監督に就任。同郷の初代監督、飛田穂洲(本名・忠順)氏の影響を受け、厳しい指導で精神面を鍛えた。59年春に優勝し、60年秋には慶大と優勝を争った伝説的な「早慶6連戦」で指揮を執り、母校を逆転優勝に導いた。63年秋の退任後は朝日新聞社に勤務し、日米大学野球選手権の創設などに尽力した。88年、低迷していた早大の立て直しを託され監督に復帰。90年春、8年15季ぶりの優勝に導き、93年秋にも優勝。94年秋を最後に退いた。その後も全日本大学野球連盟理事などを歴任した。教え子に小宮山悟(元ロッテ)、仁志敏久(元巨人)らプロで活躍した選手がいる。

追悼の言葉を残す