[お偲び] 翁長雄志 氏(沖縄県知事)

翁長雄志(おなが・たけし)
命日: 2018年8月8日 18時43分
(沖縄県浦添市の病院で)
年齢: 67歳
出身: 沖縄県那覇市
肩書: 沖縄県知事
事由: 膵臓がん
葬儀: 2018年8月13日
備考:那覇市議や県議、自民党県連幹事長などを務めた後、2000年に那覇市長に初当選。保守政治家として活動していたが、自民党とたもとを分かち、4期目の途中の14年11月の県知事選で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対を掲げ、当時の現職に約10万票の大差をつけて初当選した。知事就任後は、一貫して移設反対を訴え続け、安倍政権と激しく対立してきた。前知事の辺野古埋め立て承認を取り消すなど知事権限を行使して政府に対抗した。法廷闘争を繰り広げ、一時は工事停止に持ち込んだが、最高裁が翁長氏の承認取り消しを「違法」と判断。その後は、政府が工事を進め、移設阻止は困難との見方が広がっていた。
県民葬:
2018年10月9日
沖縄県立武道館

追悼の言葉を残す