[お偲び] 若秩父高明 氏(元関脇若秩父、元常盤山親方、元日本相撲協会監事)

若秩父高明(わかちちぶ・こうめい)
生誕: 1939年3月16日
命日: 2014年9月16日 18時45分
(東京都三鷹市の病院で)
年齢: 75歳
出身: 埼玉県秩父郡高篠村
肩書: 元関脇若秩父、元常盤山親方、元日本相撲協会監事
葬儀: 2014年9月23日
会場: 杉並セレモニーホール
東京都杉並区井草1丁目3−10
備考:本名は、加藤高明(かとう・こうめい)。1954年に花籠部屋から初土俵を踏み、58年秋場所で新入幕を果たし敢闘賞を受賞。富樫(のちの横綱柏戸)、豊ノ海と「ハイティーントリオ」と話題になった。59年春場所には当時の最年少記録となる19歳11カ月で小結に昇進した。現在は貴花田(のちの横綱貴乃花)、北の湖、白鵬に次ぐ歴代4位記録。豪快な塩まきでも人気を集め、若秩父ブームを巻き起こした。68年九州場所で引退。花籠部屋や放駒部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たる一方、74年から24年間、名古屋場所担当委員を務めた。監事(現副理事)として巡業部副部長も歴任し、2004年に日本相撲協会を定年退職した。
参照: ウィキペディア
・ 元関脇若秩父の加藤高明氏が死去
・ 若秩父高明さん死去 元関脇、元常盤山親方

追悼の言葉があります

  1. 花籠部屋の四天王ともてはやされて、その当時としては大巨漢力士で人気もあり、私は大好きな力士の一人でした。もっともっと長生きをして欲しかったです。心よりお悔やみを申し上げます。


    匿名

追悼の言葉を残す