[お偲び] 西江雅之 氏(早稲田大学 元教授)

西江雅之(にしえ・まさゆき)
生誕: 1937年10月23日
命日: 2015年6月14日
年齢: 77歳
肩書: 早稲田大学 元教授
備考:葬儀は近親者のみで執り行われた。
専門は言語学・文化人類学。早稲田大学大学院を経て、カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院で学んだ。東アフリカ、カリブ海域、インド洋諸島などを中心にフィールドワークを重ね、20代で日本初のスワヒリ語の文法書、辞典を編集した。現地密着の研究態度で「ハダシの学者」とも呼ばれた。早稲田大、東京外国語大、東京芸術大など多くの大学の教壇にも立った。また、世界各地の暮らしや自然を詩的な文章による紀行、エッセーとして発表。中学・高校の国語の教科書にも採用された。著書に「花のある遠景」「アフリカのことば」「ヒトかサルかと問われても」「異郷日記」「食べる」など多数。
参照: ウィキペディア
・ 文化人類学者の西江雅之さん死去 アフリカ研究の先駆者
・ 西江雅之氏が死去 元早稲田大教授
・ 訃報:西江雅之さん77歳=元早大教授 アフリカ言語研究

追悼の言葉を残す