[お偲び] 西田司 氏(元衆議院議員、元自治大臣、元国家公安委員会委員長)

西田司(にしだ・まもる)
生誕: 1928年5月13日
命日: 2014年5月9日 0時53分
年齢: 85歳
出身: 愛媛県喜多郡長浜町
肩書: 元衆議院議員、元自治大臣、元国家公安委員会委員長
事由: 肺炎
葬儀: 2014年5月12日
備考:長浜町議会議長、長浜町長を経て、1976年、第34回衆議院議員総選挙に高橋英吉の後継者として旧愛媛3区から出馬し初当選。以後当選8回。田中派を経て竹下派、小渕派、橋本派に所属。野中広務の盟友として知られた。1992年の竹下派分裂では同じ中堅議員の村岡兼造・佐藤信二らと共に小渕恵三を支持した。国土庁政務次官、衆議院地方行政委員長などを経て、1990年12月に第2次海部内閣改造内閣の国土庁長官として初入閣。雲仙普賢岳の噴火災害では3度現地入りし、衆参両院で災害報告演説を行った。1998年7月、小渕内閣の自治大臣兼国家公安委員会委員長に就任したが、翌年の1月、自自連立政権発足に伴い自由党の野田毅に大臣ポストを譲る形で退任。2000年7月、第2次森内閣で再び自治大臣兼国家公安委員長に就任。2003年のイラク復興支援特別措置法の採決では、記名投票を求めるも当時の小泉純一郎首相に却下された野中、古賀誠らに同調し、投票を棄権して退席した。同年、衆議院比例代表の73歳定年制に従い第43回衆議院議員総選挙に出馬せず、政界を引退した。

追悼の言葉を残す