[お偲び] 長嶺高文 氏(映画監督、テレビディレクター、脚本家、演出家)

長嶺高文(ながみね・たかふみ)
生誕: 1953年12月29日
命日: 2014年10月7日
年齢: 60歳
出身: 東京都台東区
肩書: 映画監督、テレビディレクター、脚本家、演出家
葬儀: 2014年10月9日
会場: 落合斎場
東京都新宿区上落合3丁目34−12
備考:武蔵大学在学中より、自主映画製作をはじめる。卒業後、ピンク映画の獅子プロダクションに助監督として入社するが、1977年独立して、自主制作映画集団「パノラマフィルム」を設立。1978年「喜談 南海燮化玉」を監督し、続いての二作目「歌姫魔界をゆく」は高田馬場パール座上映が連日の盛況から、自主映画としては異例の話題となり、各メディアにもとりあげられる。大阪11PM「自主映画監督特集」で荒戸源次郎と出会い、1982年シネマ・プラセット製作にて、遠藤賢司主演のスーパー・SFミュージカル・コメディ映画「ヘリウッド」を上映、熱烈な支持と強い反発という両極の反響からカルト映画と評される。その後、ラジオドラマやテレビアニメなどの多くの脚本に携わり、エフエム愛知「地獄八景亡者戯より夢の中」(日本民間放送連盟賞優秀賞)、アニメでは「オズの魔法使い」の全50話中、後半の23話などを執筆。また、日本テレビ「追跡」(チャーハンの逆襲)にてディレクターとしてデビューし、バラエティーから、相撲や競歩などのスポーツドキュメンタリーなど数々のテレビ演出や、音楽PVの演出を手掛ける。映画は2003、2004年「けっこう仮面」シリーズ四部作にて復活。その後は「ぶらり途中下車の旅」のディレクターとして活躍していた。
参照: ウィキペディア
・ 訃報 久保新二 Facebook

追悼の言葉があります

  1. 長嶺監督といえば「ヘリウッド」。あの超怪作を撮れるのは監督だけでした。今年5月の還暦祭で気さくにおしゃべりしていたお姿が、思い出されます。ご冥福をお祈りします。


    匿名

追悼の言葉を残す