[お偲び] 青木十良 氏(チェリスト)

青木十良(あおき・じゅうろう)
命日: 2014年9月8日 8時30分
(東京都世田谷区の自宅で)
年齢: 99歳
出身: 愛知県名古屋市
肩書: チェリスト
備考:葬儀は近親者のみで執り行われた。
終戦直後に数多くのチェロ作品を日本で初めて演奏。プロコフィエフなどの日本初演を行った。チェロ奏者として85歳を過ぎてから録音を始めたバッハの無伴奏チェロ組曲全6曲で注目を集め、ドキュメンタリー映画「自尊(エレガンス)を弦の響きにのせて」が2012年に公開された。96歳まで現役を続け、桐朋学園などで後進の育成にも貢献した。2005年度新日鉄音楽賞特別賞。
参照: ウィキペディア
・ 青木十良氏が死去 チェリスト
・ 青木十良氏死去(チェリスト)
・ 訃報:青木十良さん99歳=チェリスト

追悼の言葉があります

  1. 偉大な、日本を代表するチェロ界の巨匠でした。80歳を過ぎてバッハがわかるようになったと語り、85歳を過ぎて録音を始めた「無伴奏チェロ組曲」は、6番から始めて10年かけて4番まで完成。お亡くなりになるまで、本当に現役のチェリストでした。99歳なので天寿を全うされたのでしょうが、明るく真っ直ぐな音色をもっと聞きたかった・・・。心からご冥福をお祈りします。


    匿名

追悼の言葉を残す