[お偲び] 飯塚繁雄 氏(拉致被害者家族会 元代表)

飯塚繁雄(いいづか・しげお)
命日: 2021年12月18日
(埼玉県上尾市の病院で)
年齢: 83歳
出身: 東京都
肩書: 拉致被害者家族会 元代表
備考:葬儀は近親者で施行。
北朝鮮拉致被害者田口八重子さんの兄。日朝首脳会談が開かれた2002年から家族会の活動に参加した。07年に拉致被害者の横田めぐみさんの父で、初代代表の滋さんの後を引き継いだ。埼玉県内の工場で働きながら、被害者の帰国実現を目指し、日本政府などに対して要望を続けてきた。09年には、田口さんから日本語を教わったとされる金賢姫元北朝鮮工作員と韓国の釜山市で、耕一郎さんとともに日本の拉致被害者家族として初めて面会。10年に金元工作員が来日した際にも長野県で面談した。13年に家族会などが目標としていた被害者の早期救出を求める1000万人分の署名を集め、19年5月に1300万人を超えた。14年には米国のオバマ元大統領と、17年と19年にはトランプ前大統領とそれぞれ面会し、拉致問題への関与や協力を求めた。14年にわたり代表を務めたが、今月11日に健康上の理由で退いたばかりだった。後任にはめぐみさんの弟の拓也さん、事務局長に田口さんの長男、飯塚耕一郎さんが就いた。
お別れの会:
2022年3月12日
砂防会館 別館
参照:
・ 飯塚繁雄さんが死去 拉致被害者の家族会前代表、83歳
・ 飯塚繁雄さん死去 拉致家族会前代表、83歳―田口八重子さんの兄
・ 故飯塚繁雄氏(前拉致被害者家族会代表)のお別れの会

追悼の言葉を残す