[お偲び] 黒木基康 氏(元プロ野球選手)

黒木基康(くろき・もとやす)
生誕: 1936年1月1日
命日: 2014年7月6日
年齢: 78歳
出身: 宮崎県
肩書: 元プロ野球選手
備考:1960年に大洋ホエールズへ入団。シーズン開幕戦で本塁打を放ち、五番打者、右翼手として活躍する。チーム最高の22盗塁も決め、8月に鎖骨骨折のアクシデントに見舞われるが、セ・リーグ初優勝に貢献。黒木を欠いたものの、大洋は日本シリーズで大毎を破り日本一に輝いた。1965年には自身の最多本塁打9本を大きく上回る25本を打ち、打率.283、61打点の好記録を残す。オールスターゲームにも選ばれている。しかし両膝の故障と、実業家の義父の急死により事業を手伝うことを選び、1966年をもって現役を引退した。読売ジャイアンツの王貞治同様、一本足打法を得意の打撃フォームとしていたことでも知られ、王と共に週刊ベースボールの表紙を飾ったこともある。
参照: ウィキペディア
・ 宮崎日日新聞社 - Miyanichi e-press

追悼の言葉があります

  1. あのバットの構えは忘れることができません。
    大洋ホエールズの素晴らしいスラッガーでした。
    ご冥福を


    三田よしひろ

三田よしひろ へ返信する コメントをキャンセル