[お偲び] 三輪田俊助 氏(画家)

三輪田俊助(みわだ・しゅんすけ)
命日: 2015年5月30日 12時25分
(愛媛県宇和島市の病院で)
年齢: 101歳
出身: 愛媛県宇和島市
肩書: 画家
備考:水彩画家中西利雄との出会いで芸術を志し、35年、帝国美術学校(現武蔵野美術大)西洋画科に入学。戦前の前衛的な美術運動「シュールレアリスム(超現実主義)」に傾倒し、在学中の37年に浜田浜雄らと後の「絵画」となるグループを結成した。 戦後は帰郷し、中学教員を務めながら活動。65年には高階重紀、岡本鉄四郎らと「愛媛現代美術家集団」、南予で「シコロ」を結成するなど県内美術界をけん引した。98年に愛媛新聞賞受賞。 100歳を前にした2012年にミウラート・ヴィレッジで企画展が開かれるなど、郷土の風景や自然をモチーフにした「土着の画家」として自身の表現を追求し続けた。
参照:
・ 三輪田俊助氏死去 宇和島「土着の画家」101歳

追悼の言葉を残す