[お偲び] 井上輝子 氏(女性学者、和光大学 名誉教授)

井上輝子(いのうえ・てるこ)
命日: 2021年8月10日 7時39分
(神奈川県川崎市の病院で)
年齢: 79歳
出身: 東京都
肩書: 女性学者、和光大学 名誉教授
備考:葬儀は近親者で施行。後日、お別れの会を開く。
1970年代初頭のウーマンリブ運動に参加して女性学に出合い、和光大でいち早く女性学講座を担当するなど、日本における女性学の確立に貢献した。著書に「新・女性学への招待」「女性学とその周辺」など。
参照:
・ 井上輝子さんが死去 女性学者
・ 井上輝子・和光大名誉教授が死去 女性学の草分け

2つの追悼の言葉があります

  1. 静岡高校に1年在学しておられた時より、大学生、社会人の時代を通じて最近までずっと交流 が続けられた友人として、その真摯でぶれない人格、かくも早期から長きにわたる女性学の追究、人に対する誠実な応接という人間性のすばらしさに深く敬意を抱いてまいりました。その学究と社会活動の成果に関わった方々、謦咳に接した方々とともに井上(齋藤) 輝子さんのご逝去を悲しみ、惜しみ、ご冥福をお祈り申し上げます。


    曽根正弘  (元ジャーナリスト、元民放局CEO)

追悼の言葉を残す