[お偲び] 井出孫六 氏(作家)

井出孫六(いで・まごろく)
命日: 2020年10月8日 5時12分
(東京都府中市の病院で)
年齢: 89歳
出身: 長野県
肩書: 作家
備考:葬儀は近親者で施行。後日、お別れの会を開く。
東京大文学部卒。中央公論社の編集者を経て、1969年に執筆活動を本格化させた。75年、幕末から明治初期に活躍した洋画家、川上冬崖の死を題材にした歴史小説「アトラス伝説」で直木賞を受賞。86年には中国残留孤児を描いたノンフィクションの長編ルポルタージュ「終わりなき旅 『中国残留孤児』の歴史と現在」で大佛次郎賞を受賞した。評論家の故丸岡秀子さんは姉、三木内閣の官房長官を務めた故井出一太郎氏は兄。
参照:
・ 井出孫六氏が死去 直木賞作家
・ 作家の井出孫六氏死去

追悼の言葉を残す