[お偲び] 佐江衆一 氏(作家)

佐江衆一(さえ・しゅういち)
命日: 2020年10月29日 14時24分
(神奈川県藤沢市の病院で)
年齢: 86歳
出身: 東京都
肩書: 作家
備考:本名は柿沼利招(かきぬま・としあき)。葬儀は近親者で施行。
コピーライターを経て、1960年に短編「背」で作家デビュー。新潮社同人雑誌賞を受賞した。自身の老老介護体験をもとにした95年の「黄落」はベストセラーになり、ドゥマゴ文学賞を受賞。テレビドラマや舞台にもなった。時代小説でも人気を博し、96年に「江戸職人綺譚」で中山義秀文学賞。他の作品に90年の新田次郎文学賞を受けた「北の海明け」など。近年は、「エンディング・パラダイス」など、昭和の戦争をテーマにした作品を発表していた。
参照:
・ 作家の佐江衆一さん死去 「黄落」で老老介護を描く
・ 佐江衆一氏死去 作家

追悼の言葉を残す