[お偲び] 前田祐吉 氏(慶應義塾大学 元野球部監督)

前田祐吉(まえだ・ゆうきち)
生誕: 1930年9月22日
命日: 2016年1月7日 22時47分
(神奈川県川崎市高津区の病院で)
年齢: 85歳
出身: 高知県高知市
肩書: 慶應義塾大学 元野球部監督
事由: 肺炎
葬儀: 2016年1月16日
備考:高知城東中(現高知追手前高)で投手として活躍。1949年に慶大に入学し、投手兼外野手として活躍。卒業後は社会人の日本麦酒(現サッポロビール)に進み、60年慶大監督に就任した。同年秋の優勝を懸けた早慶戦と直後の優勝決定戦は「死闘の早慶6連戦」として語り継がれている。62年秋に初めて優勝し、65年に退任するまで6年間で3度優勝。82年に監督復帰し、85年秋に慶大史上2度目の全勝優勝に導いた。監督としては計8度優勝。93年に監督を退いた後は全日本アマチュア野球連盟の選手強化対策委員長を務め、銀メダルを獲得したアトランタ五輪の日本代表に携わった。アジア野球連盟事務局長も務めた。

追悼の言葉があります

追悼の言葉を残す