[お偲び] 大塚明彦 氏(大塚ホールディングス株式会社 代表取締役会長)

大塚明彦(おおつか・あきひこ)
生誕: 1937年7月21日
命日: 2014年11月28日
年齢: 77歳
出身: 徳島県鳴門市
肩書: 大塚ホールディングス株式会社 代表取締役会長
葬儀: 2014年12月1日
備考:葬儀は近親者のみで執り行われる。
1960年に父の正士氏が経営する大塚製薬工場に入社。76年に大塚製薬の社長に就いた。輸液やオロナイン軟膏といった大衆薬が中心だった業容に加えて、創薬部門に本格的に進出。抗精神病薬「エビリファイ」などの新薬を開発し、事業の柱に育てた。また、69年に全国発売された「ボンカレー」を発案。機能性食品の分野でも80年に清涼飲料水「ポカリスエット」、83年に栄養食品「カロリーメイト」などを次々に生み出した。海外にも積極的に進出し、国内外26カ国・地域に関係会社165社(2014年3月末)を展開。08年に大塚HDを設立して代表取締役会長に就き、10年12月に大塚HDの東証1部上場を果たした。企業の社会貢献(CSR)活動として、大塚FC(サッカーJ1徳島ヴォルティスの前身)や、五輪ランナーを輩出した大塚製薬陸上部の育成・強化にも取り組んだ。2014年11月18日、長年にわたる積極的な事業展開を通じた日仏間の関係促進への貢献により、フランス政府よりフランスの最高勲章である「レジオン・ドヌール勲章」を授与された。
参照:
・ 大塚HD会長の大塚明彦さん死去 「ボンカレー」発案
・ 大塚明彦氏(大塚ホールディングス会長)
・ 「ボンカレー」「ポカリスエット」生みの親 大塚明彦氏死去

追悼の言葉を残す