[お偲び] 大重潤一郎 氏(映画監督)

大重潤一郎(おおしげ・じゅんいちろう)
命日: 2015年7月22日 16時41分
(沖縄県那覇市の病院で)
年齢: 69歳
出身: 鹿児島県
肩書: 映画監督
葬儀: 2015年7月28日
会場: サンレー豊崎紫雲閣
沖縄県豊見城市豊崎1−200
備考:岩波映画製作所の助監督を経て独立。自然と伝統文化をテーマに映画を作った。主な作品は、祭祀イザイホーなど久高島の伝統文化に焦点を当てた長編記録映画「久高オデッセイ」のほか「黒神」「光りの島」「風の島」「縄文」など。2002年に活動拠点を沖縄に移し、NPO法人沖縄映像文化研究所理事長を務めた。2015年6月完成の「久高オデッセイ 第3部―風章―」が遺作となった。
参照:
・ 「久高オデッセイ」大重潤一郎さん死去 映画監督、69歳
・ 訃報:大重潤一郎さん 69歳=映画監督

追悼の言葉を残す