[お偲び] 小崎健一 氏(岡山大学 教授)

小崎健一(こざき・けんいち)
命日: 2016年5月29日 14時56分
(岡山県岡山市の病院で)
年齢: 52歳
出身: 愛知県名古屋市
肩書: 岡山大学 教授
事由: 肺炎
葬儀: 2016年6月1日
備考:専門は分子腫瘍学。口腔がんの専門家だったが、自らも舌がんで舌や顎の骨を摘出。舌を摘出して声を出すことが困難になった人の口の中に取り付けて明瞭な発声を可能にする「人工舌」開発に尽力した。

2つの追悼の言葉があります

  1. こんな形で近況を知ることになるなんて残念でたまりません。元気でご活躍のこととばかり思ってました。GWにgoogleストリートビューで藤森のあたりを見ながら、「小崎君ちはどこだったっけ?」と家族で話したばかりです。

    私たちが引っ越す前日にわざわざ訪ねてきて、私にはちっちゃなリモージュの置物をくれたね。ちゃんとまだ持ってるよ。

    広大に行ってる頃は、急に家に来てはソファに寝転がってテレビ見ながら、あっという間に寝ちゃってたね。当時はポケベルだったから、お友達から連絡があると「僕、みんなのアッシーなんだ」と笑いながらバイクで帰って行っちゃって。

    京都に行くついでに、何年かぶりで名古屋のお宅を急に訪ねた時なんか、忙しいのに急いで帰ってきてくれたよね。おまけに、車で「京都まで送っていくよ。大丈夫、大丈夫。2時間もあれば…」と言ってくれて。ありがとね。
    結局は名古屋駅までだったけど、あれが最期になるなんて思ってもみなかったよ。

    よく頑張ったね。花マルをいっぱいつけてあげる。遺していく人たちのこと、気がかりだろうけど周りの人がきっと助けてくれるよ。小崎君がみんなにしてたようにさ。ほんとにほんとにお疲れ様。
    もう、ポケベルや携帯のベルで起きなくてもいいよ。
    どうぞ、どうぞ、安らかに眠ってください。


    匿名
  2. 凄く悲しく、残念でなりません。医科歯科に居られた頃は明るく豪快!先生の笑顔しか記憶にありません。その後、岡山に赴任され舌ガンになった事を噂でお聞きしました。それでも夢の会話プロジェクトを立ち上げ、流石小崎先生だなあっと感心し、この調子なら大丈夫と思っていました。今日ふと先生のことが気になりネットで検索したら、、、、、。知りませんでしたもう逝かれたなんて、、、


    匿名

追悼の言葉を残す