[お偲び] 小野山とし子 氏(飯塚商工会議所 女性会 名誉顧問)

小野山とし子(おのやま・としこ)
命日: 2019年1月31日 11時7分
(福岡県飯塚市の病院で)
年齢: 100歳
出身: 福岡県嘉麻市(旧 嘉穂町)
肩書: 飯塚商工会議所 女性会 名誉顧問
事由: 心臓疾患
備考:飯塚市内で酒店経営の傍ら、1958年に同商議所女性会の前身である「飯塚商店主婦の会」設立に携わるなど、女性の地位向上や地域発展のため、精力的に活動を続けた。「飯塚商店主婦の会」は、県内の商議所では初の女性組織とされる。小野山さんは94年度から2006年度まで同商議所女性会会長を務め、名誉会長を経て、14年度に名誉顧問。「全国商工会議所婦人会連合会」の設立を呼び掛け、「婦人会」から「女性会」への名称変更も提案した。71年に始まった飯塚商議所女性会主催「観月チャリティーパーティー」は、飯塚市長や経済界、団体関係者ら約500人が親睦を深める恒例行事。収益金は飯塚市に寄付してきた。市の男女共同参画推進の団体立ち上げなど、行政にも積極的な働きかけを続けた。85年に労働大臣表彰、2001年に勲六等宝冠章、06年には全国商工会議所女性会連合会の特別功労者表彰を受けた。

追悼の言葉を残す